佐賀でプロ家庭教師の派遣なら【DIC学園】

DIC学園の家庭教師は、全員「プロ」 学生アルバイトは一切おりません。中学受験、高校受験、共通テスト、医歯薬受験、全てに強い。プロの確かな指導力をお試し下さい。中学受験、高校受験、共通テスト、医歯薬受験、全てに強い。プロの確かな指導力をお試し下さい。

事務所概要

〒840-8551
佐賀市巨勢町牛島730 モラージュ佐賀 北館2F
TEL: 0942-30-8444
派遣可能地域:
佐賀市、鳥栖市、神埼市、吉野ヶ里町、基山町、
上峰町、みやき町 等

教育プランナーより

校長 久場 一郎

プロ家庭教師のDIC学園 佐賀校の責任者を務めております久場(くば)と申します。

古くから佐賀は教育に熱心な方が多く、たくさんの人材を輩出してきました。
私たちプロ家庭教師のDIC学園としましてもこの伝統に貢献致したく、未来の佐賀を担うお子様たちの教育に全力を尽くす所存です。

1977年創業の歴史と実績をもとに、西日本唯一の「全員がプロの家庭教師集団」の自覚と責任を持ってご指導させていただきます。
どうぞ宜しくお願い致します。

佐賀で高校受験の英作文の書き方の大事なポイントについて知ろう!!

英作文が上手にスムーズに書けると高得点が狙えます。そこで、本番の受験で英作文に苦手意識を持たずに取り組めようになる為に、大事なポイントを押さえておく事は大切です。ここでは、英作文の出題傾向と書き方のポイントについてお伝えします。是非、英作文対策に取り入れて、点数を伸ばしていきましょう。


高校受験の英作文の出題傾向とは?

出題テーマに沿って自分の意見を述べる

例えば、出題テーマに沿って自由に自分の意見を述べるという問題の場合、環境、教育、国際問題など、様々なテーマが出題されます。出題テーマの問題例には、環境問題について自分が取り組んでいる事について、スマホを学生が使用する事についてなど色々です。なので、日頃から社会の事に関しても子供自身が問題意識を持って、自分なりの意見を持つ事も指導の中では大事になります。


出題テーマに関する説明や紹介

英文策では、出題されたテーマに関する説明や紹介を求める問題などもあります。テーマの問題例には、自分の住んでいる街についての紹介、自分が考える日本の良さを3つ挙げるなどがあります。よく出る出題テーマには、日本文化や郷土に関する事が多く、日本文化についての情報収集を事前に行い、自分の考えをまとめておくのがオススメです。


自由に自分を紹介する

英作文の中には、自由に自分を紹介すると言う出題テーマもよくあります。この場合、書く内容が絞られていないので、その分、何を書くかに悩む事も多いです。なので、自己紹介に関するテーマについても、事前に考えておく事がポイントです。自己紹介は簡単に答えられるものが多いので、例えば、過去に自分が頑張った事、心に残っている出来事、これから頑張りたい事、将来の夢などが挙げられます。まずは、自分の過去と将来の事についてまとめておくのがおススメです。


英作文のコツとは?

英作文で高得点を取る大原則

英作文の文法や単語スペルミスの減点を避ける

英作文で高得点を狙う為に大切な事は、減点を避けるポイントをしっかり押さえておく事です。英作文の採点では、内容に対する点数と、文法やスペルミスの点数で、総合点数が決まります。英作文の点数差は、文法やスペルミスによる減点が大きく左右します。多くの中学生の場合、英作文での文法や単語スペルミスの連続により、英作文の点数が残らないのです。その為、英作文で高得点を獲得する為には、できる限り文法や単語スペルミスでの減点を避ける事を目標に指導し、子供へ正しい暗記と順序を理解させていく事が大事になります。


短時間でそれなりの点数を取る

英作文を解く際には、時間の意識も大切です。英語の高校入試問題と言うのは、時間との戦いである部分があります。例えば、英作文に時間がかかると、試験時間内に全ての問題を解き終える事ができない事もあります。それに、英作文は時間をかけたからと言って点数が上がるものではありません。時間をかけてもせいぜい2点位しか点数加点されません。なので、英作文では満点をと言うよりは、短時間で約6割~8割程度の点数を取る事を目標にするのが効率良く問題を解いていく為の教え方でもあります。


英作文を上手く書く6つのコツ

日本語の簡単な文を作る

英作文では、日本語で内容を考えてから、それを頭の中で英訳していきます。なので、日本語で内容を考える段階で難しい文を作ってしまうと、自分で英訳する際に手間取ってしまいます。その為、最初に日本語で作る文では、なるべく英訳しやすい簡単な文を作れる指導をするのが大切になります。


短く文を作る

日本語で考える意見と言うのは、一文でのそれなりの長さになりますよね。なので、その長文の日本語をそのまま英訳すると、長い英作文を書く事になります。そうなると、接続詞、形容詞、副詞、関係代名詞など、大量に適切に使用して書いていく必要が出て、どうしても文法ミスが増加します。なので、英作文で短い文を幾つか重ねて、自分の意見を述べるような構成にする事で、ミスを回避する事ができます。このように、短い文を書いてまとめた方が、英作文の点数には結果として結び付き、読みやすさもアップします。


簡単な文法を使用する

中学の英語では、様々な文法を学んでいると思います。3単現、過去形、現在完了、関係代名詞、仮定法など、今まで自分で学んできた文法を駆使しながら書こうとします。ですが、複雑な文法を使おうと試みれば、その分ミスは増えます。その為、なるべく簡単な文法を使用して英作文に取り組む事も大事なポイントなのです。具体的には、主に現在形と過去形を使用し、必要に応じて最低限他の文法を使う事で、確実に減点が減り点数アップに繋がります。


長文読解を写す

受験の英語科目では、英作文の他にも長文読解の問題が必ずあります。英作文に使えそうな英文をそのまま写して使用する事もできます。長文読解の英文と言うので、100%正確な英文になっています。また、英文を丸々写す必要は無いので、自分が英作文に使えそうな表現、動詞、単語など、少し写すだけでも文法ミス軽減に繋がります。


文法ミスが無いか確認する

高校受験の英作文で最も避けたい事は、文法ミスが重なる事でほとんど点英作文の点数が残らない事が挙げられます。それを避ける為には、英作文を書いた後に必ず文章を確認するしかありません。文章確認する際には、頭の中で確認する項目を決めて、それについて見ていくやり方がおススメです。例えば、最初の文字は大文字か、主語と動詞の単数や複数は合っているか、単語スペルに間違いは無いか、文字数や文の数は規定に達しているか、見にくいアルファベットは無いかなどが挙げられます。


英作文の内容は妥協する事も大事
英作文では、自分の考えをしっかり相手に伝える為には、どんな風に伝えれば良いのか、その書き方に悩む事もありますよね。特に、英語が得意な子の方がどうしようかと悩む傾向があります。ですが、英作文には時間制限があります。なので、なるべく簡潔に簡単に書き終えて、他の問題を解いていく事が大事です。自分でこんな英作文では駄目だと思っても、少し妥協して書く事も受験には必要です。そして、次の問題へ取り組む時間を確保できる事も受験の選択肢として大切な指導です。

英作文のまとめ

高校受験の英語は、勉強法を上手に行えば得点源にする事ができます。中学で習う基本ができていれば、解ける問題がほとんどです。なので、ポイントを押さえた勉強法を実践すれば、確実に英語の成績をアップしていく事ができます。高校受験の英語の特徴として、他の教科に比べて高得点を取りやすい事が挙げられます。しかし、英語は得意な受験生と苦手な受験生では、得点に差がはっきりと出てしまうのも特徴です。高校受験は都道府県や私立によって問題が違うので、それぞれ志望校に合わせた対策が重要になります。しかし、根本にあるのは英語の基礎になるので、基礎を疎かにしないように注意しましょう。基礎力を身につけることができれば、高校英語の攻略はそれほど難しい事ではありません。

授業料などのお問い合わせ
こんな家庭教師は嫌だ! 特設サイト
受験対策について
小学生の生徒さまへ
  • 中学受験対策
  • 小学生一般対策
  • 自由研究対策
  • 習い事との両立
  • 苦手教科克服
  • 資格検定対策
  • 勉強の習慣化
  • 勉強方法の改善
中学生の生徒さまへ
  • 公立高校入試対策
  • 難関私立高校入試対策
  • 高専入試対策
  • 推薦入試対策
  • 定期テスト対策
  • 進度サポート
  • 各種資格対策
高校生の生徒さまへ
  • 共通テスト対策
  • 国公立大学対策
  • 難関私立大学対策
  • 医・歯・薬学部対策
  • 学校推薦型選抜・総合型選抜対策
  • 進度サポート
  • 英検・数検・TOEICなどの対策
授業開始までの流れ 詳細を見る
  1. 1.お問い合わせ
  2. 2.教育相談
  3. 3.体験授業
  4. 4.ご契約
  5. 5.授業スタート
よくあるご質問 もっと見る

どんな先生がいるのですか?

社会人プロ講師のみです。学生アルバイトは一切いません。

教材は、販売しているのですか?

一切、教材販売はしておりません。お手持ちの教材を中心に、教師が独自のカリキュラムをご提案させて頂きます。

学習塾のテキストで受講できますか?

受講できます。弊社の講師は、大手進学塾のテキストに精通していますので、塾の進路に沿って適切なご指導をさせていただいています。

d.net