プレ入試・沖縄県模試 | プロ家庭教師のディック学園プロ家庭教師のディック学園

沖縄校

こんにちは。ディック学園沖縄校です。

沖縄は梅雨が長引いてしまい7月の梅雨明けとなりそうです。

ちなみに例年ですとゴールデンウィークくらいの入梅で6月の最終週までには梅雨明けというのが多いと思います。それにしてもこの記事を書いている月末は豪雨にみまわれており、私の携帯は朝の4時頃から大雨や洪水、避難警報が鳴り響き眠れません・・・。

さて、いよいよ7月です。受験シーズンまで半年を切っております。今年は良くも悪くもコロナ慣れをしているので、少し平常時に戻りつつあるのではないでしょうか。(受験生にとっては大変と感じるかもしれませんが、昨年の受験生に比べると断然良いと思います)

その中で今日は、沖縄県高校入試を受験する上で、絶対に受けておいた
方が良い模試を紹介します。

それは

・沖縄県統一プレ入試

・沖縄県高校入試模擬試験

の二つです。どちらがおススメかと言うと・・・どっちでも良いと思います。シェアも半々ですし、どちらも信頼おけるデータがでると思います。中には両方受ける生徒もいますが、正直一つで良いと思います。どちらも9月上旬、12月上旬、1月上旬と1月末(or2月上旬)です。いつから受けた方が良いかというと・・・最初からです。自信がない、とか定期テスト前だとか、いろんな事情はあると思いますが、それでも最初から受けた方が良いです。

自分の力量や忘れている問題、解けそうで解けなかった問題、手がでない問題・・・いろんな事が分かります。また、悪くても内申点に影響する事もありません。まずは敵(入試)がどんなものかは早めに確認するべきです。あと、データは蓄積されるので最初に受けた模試を受け続けた方が良いです。

他に、最初から受けた方が良い理由の二つ目は、沖縄尚学さんは推薦入試時に、この模試の点数が良ければ推薦書が出せます。これは、実力はあるけど内申点が悪い(特に男の子に多い傾向ですが・・・)生徒にはある意味でチャンスです。しかも受験時期が12月の為、9月に受けた模試しか参考とされません。受け逃しがないようにしましょう。

沖縄県の高校入試合否判断は、

1年生~3年生の通知表と3月に受ける高校入試での判断で、ほぼ5:5と言われています。

入試自体も1科目60点満点の5教科300点満点で、定期テストとは問題のレベルも違います。それに少しでもなれる為に模試は早いうちから受けましょう!!

授業料などのお問い合わせ
こんな家庭教師は嫌だ! 特設サイト
受験対策について
小学生の生徒さまへ
  • 中学受験対策
  • 小学生一般対策
  • 自由研究対策
  • 習い事との両立
  • 苦手教科克服
  • 資格検定対策
  • 勉強の習慣化
  • 勉強方法の改善
中学生の生徒さまへ
  • 公立高校入試対策
  • 難関私立高校入試対策
  • 高専入試対策
  • 推薦入試対策
  • 定期テスト対策
  • 進度サポート
  • 各種資格対策
高校生の生徒さまへ
  • 共通テスト対策
  • 国公立大学対策
  • 難関私立大学対策
  • 医・歯・薬学部対策
  • 学校推薦型選抜・総合型選抜対策
  • 進度サポート
  • 英検・数検・TOEICなどの対策
授業開始までの流れ 詳細を見る
  1. 1.お問い合わせ
  2. 2.教育相談
  3. 3.体験授業
  4. 4.ご契約
  5. 5.授業スタート
よくあるご質問 もっと見る

どんな先生がいるのですか?

社会人プロ講師のみです。学生アルバイトは一切いません。

教材は、販売しているのですか?

一切、教材販売はしておりません。お手持ちの教材を中心に、教師が独自のカリキュラムをご提案させて頂きます。

学習塾のテキストで受講できますか?

受講できます。弊社の講師は、大手進学塾のテキストに精通していますので、塾の進路に沿って適切なご指導をさせていただいています。

d.net